住宅ローンを組むときに知っておきたい任意売却

住宅ローンを組むにあたって、出来れば行いたくはないですが知っておかなければいけないものがあります。それが任意売却です。住宅ローンを組む場合、20年程度から最長35年までとかなりの長期にわたる返済が必要になります。人間だれしも今は大丈夫と思っても、この先何が起こるかわかりません。

もし経済的な事情などで住宅ローンを支払うのが困難な場合に、必要になってくるのが任意売却です。一般的に債務の残っている不動産を売却する場合、不足する分のお金を支払ってからでないと売ることが出来ません。

しかし、経済的事情でローンの支払いが困難になり、やむを得ず住宅を手放す人にそんな余裕があるわけないですよね。任意売却は、売却したお金から必要経費を取り除いたものをいったん支払いをし、抵当権を解除したうえで住宅を販売するという方法です。

もちろん、任意売却を行うには債権者の同意がないと勝手に手続きをするわけにはいかないのですが、債務者としては新しい生活へ向けての負担が大きく下がるので非常にメリットがあります。

任意売却の手続きは、債権者の同意の他に専門的な知識が必要な手続きが必要になりますので、弁護士ほか、任意売却の専門業者などに依頼するのがお勧めです。

コメントをどうぞ